アートメイク除去はプロに任せるべし

アートメイクという言葉をご存知の方の中には、
自分の手でそれを取り除きたいと考えている人がいるかもしれません。
最近では刺青を自分の手で除去するためのクリームなどが通販で買えるため、
それを活用すればもしかしたらクリニックに行く必要などないだろうという考えは
非常に危険と言わざるを得ません。
そこで今回は、アートメイクの除去をプロに任せるべき理由について詳しく見ていきましょう。

アートメイクは肌の浅い部分に色素成分を打ち込むことで、
眉や黒子といった部位を浮き立たせる施術をいいます。
いわゆる刺青に近いものですが、アートメイクは刺青よりも落ちやすく、
数年経つと色が薄くなることも多いのが特徴です。
刺青のように半永久的に残るわけではありませんが、
それでもメイクのように気軽に落とすのは難しいといえます。
落ちにくさは持続性の証でもあり、メイクをする時間を省きたいという女性から多くの支持を集めているのです。

アートメイクをセルフで落とすために、美白効果が非常に高いクリームを用いる人がいます。
美白効果の高いクリームは、いわゆる漂白剤に近い成分が含まれていることもあり、
肌にとっての安全面が確実に保証されているとはいえません。
むしろ、体質によっては肌がかぶれて炎症を起こし、
それを治療するために医療機関へ通わなくてはいけないというケースも考えられます。
こうなってしまうと最初から医療機関で除去手術を受けた方が良かったと後悔してしまうことでしょう。

また、クリニックではレーザー照射でアートメイクを落とすという中途半端な知識から、
個人で購入出来るレーザー装置でアートメイクを除去するのは非常に危険なのでやめてください。
特に、眉やアイラインなどのように目に近い部分は医師の監修のもと
安全に配慮された手術でないと失明の恐れがあります。
実際の手術では、目にレーザーの光が入らないようにコンタクトレンズやテープで目を保護しているのです。
こうした予防的措置を採らないままセルフでレーザーによるアートメイク除去を行うことは、
取り返しがつかない事態に陥る危険性をはらんでいます。

アートメイク除去は医療行為の一種であり、医師や医師の指示に基づいた看護師などの
医療スタッフでなければ施術を行うことが出来ません。
素人が行うなどもっての他ですし、医師の資格を持つスタッフがいない施設で
アートメイク除去手術を受けるのも危険です。
アートメイク除去という施術の性質を知ったうえで、
安全に配慮した環境で施術を受けられるクリニックを探しましょう。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>